レンタルコピー機の料金体系

コピー機はメーカーから買い取った場合に多額の資金が必要とされるため、体力がない個人事業主や中小企業は気軽に使うことさえできません。

しかしわざわざ買い取りをしなくても使える方法がないわけではなく、たとえばリースやレンタルといった方式が想定されます。どちらの方式にしても、コピー機を取り扱っているリース会社やレンタル会社がありますので、これらと契約をすることになります。リースは事前に審査があって、すべての希望者と契約できるわけではなく、特に個人事業主のように法人格のない場合には、それだけ信用力が劣ることになり、審査の面では不利になってしまうことも検討しておくべきです。

もしもコピー機をあまり長期間にわたって使用する必要がなく、しかも審査などのわずらわしい手続きを避けたいのであれば、レンタルの方法によることが最適です。料金は基本的に買い取りとは違って使用した期間の分だけを支払うことになっており、明朗会計という意味ではこれほどすぐれたものはありません。ただしこの基本料金に関しては、数日や数週間程度の使用がメインなのか、それとも月単位で使用するのかによって大きく異なることがあります。

そのほか初期費用としてかかる料金があることも少なくはなく、たとえばコピー機を使用する場所まで運送し、なおかつ搬入する作業のための費用や、レンタルショップの事務手数料が挙げられます。また契約期間がある程度継続する場合には、故障や紙詰まり、トナー交換などのメンテナンスの費用が別途必要になることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *