コピー機レンタルによるメリット

現代のオフィス環境のもとではコピー機は欠かせないデジタル機器の一つですが、実際にメーカーから購入するにはかなりの金額が必要です。

もちろん大企業や官公庁であれば資金は潤沢にあるので平気ですが、中小企業であればなかなか手が出せない水準まで高騰しています。そこで最近ではコピー機をレンタルまたはリースする方法が主流となっており、それぞれ目的にあわせて使い分けがされています。コピー機をレンタルする場合のメリットはいろいろですが、特に一日や一週間などの短期的な使用であっても契約が可能なことが挙げられます。リースの場合は償却期間があるので数年単位で契約をしなければならず、しかも契約期間中の解約の申し出は受け入れられないのがふつうです。

またリースでは必須になっている審査がないのもメリットのひとつで、審査は厳格ではないにしても、個人事業主などの信用力のない主体にとってはハードルが高いものです。大企業などではない申込者がすんなりと契約にこぎつけるには、やはりレンタルのほうが方式としてはふさわしく、しかも審査がない分だけ製品が手元に届くのもスピーディーといった副次的な効果もあります。

さらにレンタルであれば期間中のメンテナンスなどの作業もすべて契約のなかで包括的にサービスが提供され、別途専門の会社に依頼をする必要がないことも挙げられます。契約内容により違いはありますが、基本料金のなかに含まれているか、または基本料金の契約にあわせてメンテナンス契約をするだけで、トラブル時にいつでもサービスが手配できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *