マイオフィスを持ったらコピー機はレンタルで調達

自宅で開業したり、コピーをするシーンが少ない事業形態の場合、コピー機の導入は不要であるかもしれません。

コンビニのマシンや、レンタルオフィスを有効活用することで間に合う可能性が十分あるからです。しかし、晴れて自分のオフィスを持つまでに事業が成長し、従業員を雇うまでに至った場合はコピー機の導入は必要になるでしょう。とは言え、リースサービスは誰でも利用できるものではありません。リースは長期間事業を継続することを前提とする契約形態なので、信用のある会社や個人事業主しか利用できないケースが多いのが、その理由です。コピー機は必要、でもリース契約は難しいという場合に便利なのが、レンタルサービスです。

このサービスを利用すると、審査がないので法人や個人、そして事業の規模も関係なく誰もが利用できること、そして即時に導入できる恩恵を受けられます。仮に、急に理想的なオフィス物件が見つかって自分のオフィスを持つことになった場合や、事業が急に軌道に乗って新しいスタッフを雇うことになったというケースなどでも、レンタルならスムーズにコピー機をはじめとするオフィス機器やオフィス家具を導入することが可能になります。

さらに、レンタルは解約するタイミングをある程度自由に選択しても良い仕組みのシステムですから、コピー機の導入をリース契約に切り替える、残念ながら事業を縮小したり撤退する、コンビニのマシンで間に合うのでオフィスには設置しないことにしたなどのケースでも、比較的容易に解約できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *