コピー機をレンタルしたい場合は

コピー機を使用したいものの、レンタルするかリースにするか迷うということがあります。

そんな時はまず、コピー機の会社のサイトなどにアクセスし、診断シミュレーションを行ってみましょう。どちらの場合にもメリットとデメリットがありますので、それらを把握した上で最適なプランを選ぶことが大切です。料金については、カラー機かモノクロ機によって異なる場合があります。カラー対応の機材のほうが、料金が比較的高いので使用する用途に応じてモノクロを選択するのも良いでしょう。

もし「研修やセミナーの間だけ使う」「1日だけ必要」というのであれば、コピー機はレンタルがお勧めです。1日だけという短期間の利用に対応している会社がほとんどですし、いつでも解約ができるのは魅力と言えます。また、レンタルのメリットはそれだけではありません。もしリース契約で器材を使用するのであれば、審査が必要となります。保守契約なども結ぶ必要がありますから、その分手間やお金もかかるのです。レンタルであれば審査は不要ですし、保守契約は必要ありません。

不要になればいつでも返却することが出来ます。ただし、全てがメリットだけではありません。数日のみの利用ということで、日割り計算などにおいては、費用がリース契約時よりも高額であることがレンタルコピー機ではあります。さらに、あらかじめ利用できるコピー機や機種が限られていることも多い傾向があるのです。それぞれの特徴を把握し、ふさわしい方法で契約することが大切と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *