コピー機のレンタルとリースの違い

コピー機を会社に取り入れる方法には購入が一番分かりやすく手っ取り早いのですが、他にも借りるという方法があります。所有権がこちら側に移りませんので、固定資産税を払わなくてもよくなるというメリットがあります。購入よりも借りる方が税金対策になる事もありますので、その方がお得かもしれない場合があるのです。コピー機を借りる方法には、レンタルとリースがあります。

どちらもやっている事は一緒ですが、細かい所に違いがあります。例えば、レンタルは借りる機種を選ぶ事が出来ませんが、リースは自分で選ぶ事が出来ます。この違いは、レンタルは会社が持っているコピー機を貸してくれるというサービスに対して、リースは代金を会社が立て替えて購入して貸してくれるという仕組みになっているからです。最新のコピー機を貸してほしいならばリースを利用した方が良いというわけです。

また、レンタルは3年間ほどの契約ですが、リースは5年間の契約をする所が多いのです。つまり、短期契約か長期契約かの違いがあります。しかも、リースは途中解約が出来ませんので、もしも途中で解約するならば、残っている支払いを全て払って無理矢理解約するしかなくないのです。なので、短期契約ならばレンタル、そして長期契約をしたいならばリースを利用しましょう。

このように、どちらもコピー機を借りられるというサービスですが、細かい所に違いがありますので、しっかりとその違いを理解してから借りた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *