コピー機をレンタルするときの注意点について

コピー機をごく短期間などで利用したいときにレンタルにより対応をするケースでは、その使用期間をはっきりと認識することが大事です。最初の契約で借りる際の始期と返却するべきときとを明確にするため、仮に返却する期間が過ぎてしまっていると、ペナルティとして契約金以上のお金を請求されてしまいます。使う期間が短い場合でも多少は余裕を持った期間で借りるようにすることで、こうしたペナルティの心配は減ります。長期間借り受ける場合には、コピー機のレンタルではなくリース契約による方がお得になる場合があります。

そのため最初にいつからいつまでになるのかをはっきりさせ、その上でどちらがいいかを考えておきます。委託先の会社には最初に条件を提示するときに、借りたい時期を明確にすることが大事です。コピー機のレンタルで借りるときと返却するときとをはっきりさせておくことが重要になってきます。使用目的によっては始期はともかく終期は分からない場合もありますが、この場合にはいったん返却をして改めて借り受ける旨の契約を交わすなどすれば、問題が解決できる場合もあります。

契約に従い期間を明確にしておくことが、無駄な出費を避けることに繋がります。目的がはっきりしているのであれば、その目的遂行に必要な期間はある程度の目算が立つので、その期間内で終われるようにすることが大事です。なお、付属品類たとえばインク等ですが、これらの対応も確認することが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *