コピー機の導入はリースとレンタルのどちらが良いのか

コピー機を導入する方法は、大きく購入・リース・レンタルの3種類に分けられます。購入を選択した場合、長い目で見れば3種類の中で最も費用が安くなります。しかし、購入はまとまった資金が必要なのでリースやレンタルを希望する方も多いのですが、これら2つの導入方法はどちらを選ぶのが良いのでしょうか。これら2種類の導入方法には、契約期間・費用・機種・審査の有無といった違いがあります。

リースの場合、契約期間は3~6年程度が一般的で、中途解約は原則できません。また、初期費用がかからないことに加えて、月額利用料も安めに設定されており、契約満了時に再契約する場合は費用はさらに安くなります。加えて、新品のコピー機を借りることができ、メーカーや機種を自由に選択可能です。しかし、リース契約をするには審査が必要で、場合によっては審査落ちしてしまう可能性があります。

一方、レンタルの場合は、1か月単位で契約期間を決めること可能で、数日単位で借りることもできます。また、違約金は発生しますが中途解約することも可能です。しかし、初期費用が発生することに加えて、月額利用料はリースよりも高くなる傾向があります。そして、ほとんどの場合中古品を借りることになり、コピー機の機種を自由に選ぶこともできません。

ただし、契約するのに審査は不要なのでスピーディーに導入できるというメリットがあります。リースとレンタルにはこのような違いがあるのですが、どちらを選択すべきかは基本的に利用したい機関によって変わります。コピー機を利用する期間が3年以上であった場合は、リースの方を選択した方が費用を安く抑えることが可能です。一方で、利用期間が3年以内である場合は、レンタルを選択した方が良いでしょう。

また、新品のコピー機や機種にこだわりがある場合は、リースを選択することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *