コピー機をレンタルし経費削減

工事現場などで1年間だけコピー機が使いたいという経営者の方も多くいます。工事現場で使用するためには、購入・リース契約・レンタルなどのいずれかの方法により手配する必要があります。購入する場合のメリットとデメリットを確認していきます。一括で購入する場合には金利がかからないので支払い総額が1番少なくなります。

しかしながら、購入資金を準備しなければならないので現金がない場合には難しい場合が多いです。一度購入してしまうと継続して使用しなければならなくなります。リース契約の場合のメリットとデメリットを確認していきます。リース契約の場合には、毎月のリース料金だけを支払えばコピー機を使用することができるので現金を準備する必要がありません。

しかしながら、購入金額に加えて金利が上乗せされるので支払い総額は高くなってしまいます。また、リース契約は5年が通常の場合であることから、工事期間が終わったとしてもコピー機を継続して使用し続けなければならないので、無駄な経費が発生してしまうことになります。レンタルの場合のメリットとデメリットを確認していきます。レンタルは毎月の使用料金だけを支払えば使用することができます。

また、使用期間を指定することができるため、工事期間だけ借りることができるのでうまく利用すれば経費を抑えることができます。しかしながら、レンタル料金はリース金額よりも高額になってしまので支払い総額が高くなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *