コピー機のリースについて教えて下さい

コピー機のリースとは、「ある程度長い期間を借りる事を前提としたプランで、コピー機を貸し出してもらう事」と考えて下さい。レンタルの場合と違い、1日単位で借りるのではなくて最低5~6年を前提にしている事が多く、事前審査もありますし、借りたいと思った時に即貸してもらえないという点ではデメリットがあります。中途解約が出来ませんし、5~6年規模では無くて短期的に仮の事務所を設置したいという場合には、レンタルの方が都合が良いケースも無いではありません。ですが、審査を無事にクリア出来ればレンタルと違い新型のコピー機をリースで出してもらえますし、リースの方は月額の利用料金や、定期メンテナンスの代金がレンタルよりもずっと安いという点でメリットが見込めます。

レンタルの方は即用意してもらえるという点では、リースよりも利便性が高いとも言えますが、基本的に型落ちした中古品を貸してもらうのが基本になります。勿論必ずしもそれが悪いとは言えませんが、昨今IT技術の進歩が目覚ましい事もあり、型落ちの物を使っていると仕事に支障が出る可能性も無いではありません。あるいは端末に保存してあるデーターを、コピー機に入れて印刷したい様な場面もありますが、機体が古い場合は何らかの不具合で止まってしまうリスクも出て来ます。メーカーを選べば互換性のある機体が出て来る物が見つかる事もありますが、そういった手間を最初から最小限に済ませるという意味ではやはり新型を使えるリースの方がレンタルよりも一日の長があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *