コピー機をリースで使う実例

最近は社内の情報交換や会議であれば、電子データを使うことが多くなっています。しかし、全く外部の人とやり取りするときや、不特定多数の人とのやり取りでは紙ベースの方が都合が良いケースは多いです。社外で紙の資料や書類のやり取りをする時には、コピー機が欲しいと思うことも多いです。しかし、大きな機材をわざわざ会社から運搬するのは、それだけでもコストがかかってしまいます。

そんなときにリースのコピー機を使う利用者が多いです。外部の会場で資料をコピーしたいときには、リースのコピー機を申し込んで、会場に設置、利用する流れです。これならわざわざ会社から会場にコピー機を持ち出さずに済みます。運搬の面でも楽ですし、機体に残っている社内の情報をうっかりみられてしまうリスクもありません。

リースなら決まった期間だけの利用ですので、それが終われば返却します。自分の会社のスペースをとることもないので不便さがありません。また、申込時ごとに目的や場所によって機種を選ぶことも可能です。人数が少ない、場所が小さいならコンパクトタイプでいいでしょう。

逆に大規模な利用が見込まれるなら大型を選ぶと効率が良くなります。使い方に合わせて、その都度選べるのもメリットですし無駄がありません。リースでコピー機を利用すると、自分の会社の仕事にも犠牲がないですし、使うときにも無駄を省けて使い勝手を考えた機種を選ぶことが可能です。これからは必要な時に必要なものをという使い方に変わっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *