Skip to content

チークカラーのメガネレンズの実力とは?

顔の印象を明るくするためにチークメイクをしている人は多いでしょう。メイクをするのは手間がかかりますが、眼鏡をかけるだけでチーク効果を発揮させるものがあります。それがチークカラー付きのメガネレンズです。このメガネレンズの特徴は、レンズの下半分に色が付いており、眼鏡をかけるだけでチークメイクが実現すること。

メガネレンズの下に向かって色がグラデーションのように濃くなっていくので、自然な仕上がりが期待できます。もちろん視界を妨害する目の部分にカラーは入りません。最近はテレワークが増えて、自宅で仕事を行う人も増えてきました。自宅で仕事をするのはお化粧の手間が省けていいですが、ウェブ会議など急に人前に出る機会も多いです。

このときにチークカラーレンズがあると、お化粧をすることなくウェブ会議に参加できていいでしょう。近所のお出かけにも最適です。さらにマスク対策にもなります。マスクをするとちょうど目の下の部分に接して、その部分にお化粧が付いたりしますが、眼鏡はそれを防いでくれます。

デメリットを挙げるなら、チークカラーレンズはレンズひとつに付き一色になるので、あまりバリエーションはないことでしょう。カラー展開もされていますが、ひとつの眼鏡に付きせいぜい数種類となるので、実際のチークのカラーバリエーションには敵いません。それでもひとつ持っておくことで、様々なシーンに役立ちますから、手間を省ける便利アイテムを持っておくことをお勧めします。メガネレンズのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です