Skip to content

顔のタイプで選ぶメガネレンズ

自分に合った眼鏡を選ぶときは、あなたの顔の形に合わせることが一つの目安となります。顔の形は大きく丸・三角・四角・面長の4種類に分類できます。自分がどれに当てはまるか分かれば、似合うメガネレンズを選ぶことができるでしょう。まずは自身の顔の形の分類チェックです。

縦幅は眉から顎先までの長さを計測して、横幅は左右の頬骨の外側から図ると分かりやすいです。加えて顔の肉付きがあるのか、それともほっそりしているのかも確認してください。それでは4タイプそれぞれの似合うメガネレンズを解説します。丸顔は全体的に柔らかい印象を与える形です。

引き締めるなら、フレームがスクエアのメガネレンズがお勧め。顔の下部分をすっきりさせたいなら、リムレスやハーフリムがよく似合います。三角顔タイプは知的に見える形です。卵型のオーバルタイプや丸みを帯びたボストン型はキツ目に見られがちな、三角顔タイプに柔らかい印象を与えてくれるでしょう。

フェイスラインを引き立たせるなら、ハーフリムやフォックス型がお勧めです。四角顔は肉付きがふっくらして見えます。堅めの印象を与える人も多いので、丸型のメガネレンズが合っています。オーバルよりもボストン型がお勧めです。

四角顔は知的さを引き立たせる眼鏡も向いています。スクエアやウェリントンはラインが細いものを選ぶといいでしょう。面長顔は上品な顔立ちの人が多いです。ウェリントンやボストンでさらにクールな印象に演出できます。

天地幅の広いものを選ぶと、面長感を軽減できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です