Skip to content

メガネレンズが曇らないマスクの付け方・選び方

眼鏡をかけている人にとって悩ましいのがメガネレンズの曇りです。特にコロナ禍によりマスクを付けることが半ば義務化されている現在は、眼鏡着用者にとっては受難の時代と言えます。マスクをしているとやはりメガネレンズは曇ってしまいますが、それはマスクの付け方や選び方によって軽減できるものです。まず、大切なのはマスクのサイズです。

サイズが合っていないと、隙間が生まれます。その隙間から空気が漏れることで曇りが生じます。マスクには「子供用」もあれば「小さめ・普通・大きめ」といったように様々なサイズが展開されていますから、自分の顔の大きさに合わせて選ぶようにしてください。加えて、マスクの上部を折りたたむとよりフィット感が増します。

折り返した部分が呼気をブロックしてくれます。同様に、上部にティッシュを挟む方法もお勧めです。理屈は折りたたむ方法と同じで、簡単にできる曇り防止方法と言えます。メガネレンズに加工する方法もあります。

手軽なのは曇り止めスプレーをかける方法です。眼鏡専門店やドラッグストアに置いてある曇り止めスプレーは、ひと吹きするだけで効果を発揮してくれます。もっと手の込んだ方法には、レンズ自体に曇り防止コーティングするものがあります。曇り止め加工といって撥水性と吸水性の2通りがありますが、どちらも年単位で効果を発揮してくれるのでお勧めです。

マスクの曇りはもちろん、様々な曇りを防止してくれるのでメガネレンズを選ぶときは参考にしてみてください。メガネレンズのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です