Skip to content

テレワークにおすすめなメガネレンズの選び方

コロナ禍により、テレワークが広がっています。ただテレワークで大変なのは自己管理です。自宅にいると周囲の目がないのでダラダラしたり、他に注意が移ったりとなかなか仕事に集中できません。そのため、仕事モードになるためのアイテムを持っておくといいでしょう。

眼鏡をかけている人はテレワーク用の眼鏡を一本持っておくと、それをきっかけに仕事モードになれるのでお勧めです。テレワーク用のメガネレンズの選び方を解説します。テレワークはPCを用いてするでしょうから、ブルーライトカットをお勧めします。これにより目や網膜への負担を軽減できます。

メガネレンズの度数を下げることもお勧めです。テレワークはモニターなど近くを見続ける環境になるため、遠くを見る必要がありません。近くを見続けると、目の筋肉が疲労しますから、度数をあえて下げておいて負担を軽減する必要があります。さらに家庭用は軽いフレームを選んでください。

軽量の眼鏡は掛け心地がよく、長時間かけることに向いています。汚れに強いメガネフレームを選ぶことも大切です。自宅にいると掃除をしたり、調理をしたりと仕事中は行わない作業をすることになります。その作業のなかでメガネレンズは汚れてしまうものです。

そのため、汚れに強いものを選んでおくとテレワークに適しています。ウェブ会議に出演するときは、会議映えするフレームというものがあります。選び方のポイントは存在感のあるフレームを選ぶこと。フレームに目線が集まりやすく、目元の印象をぼかしてくれます。

女性なら化粧が大変ですが大きいフレームを使用することで、アイメイクなしでも会議映えするでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です