Skip to content

目の悩みには症状別に対処

目の悩みを感じ始めたら、症状別の対処法を探ることが大切です。近年増えているのがスマートフォンの長時間使用による目の不調であり、手元のスマートフォンばかり見ていると遠くを見た時にかすんで見えるようになります。これは目の焦点が近くに合ってしまうことが原因となっていますが、それ以外にも目の周りの筋肉が緊張することでピントが合いにくくなっている状態です。このまま何もせずに放置してしまうとさらにピントが合いにくくなってしまうので、早急に対処しなければなりません。

お勧めは、一定時間ごとに休憩をはさむことです。休憩中は遠くをぼんやりと眺めると、筋肉の緊張が和らぎます。パソコンを使っている人は、画面が明るすぎないかを一度考えてみましょう。明るすぎる画面を見続けると疲れ目につながりますので、目の悩みを強く実感するようになります。

画面の照度は簡単に調整できますし、部屋や作業場の照明も適度な明るさにした方が目には優しい環境です。明るい方が見えやすいだろうと考える人もいますが、長時間の作業には明るすぎる場所は向きません。ドライアイも目の悩みにはとても多く、涙の分泌量が減ることで痛みを伴うこともあります。意識的にまばたきをすることで対象は改善されますが、それ以外にも見直したいことがあり、メガネやコンタクトが合っているかをチェックすることがとても重要です。

また、ホルモンバランスが関係しているケースもあり、ホルモンバランスを乱すような生活を改めることで改善されるケースがあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です