Skip to content

花粉症に対応する方法

春先になると多くの植物の花粉が空中を飛散し、人々をくしゃみや鼻水などで悩ませています。鼻に入ってきたこれらの物質に対して免疫反応が引き起こされ、鼻水やくしゃみなどの症状が出るのが花粉症です。原因としては春ごろに多く飛散するスギやヒノキが有名でしょう。また秋のブタクサも同じようにアレルギー症状が起こることがあることで知られています。

これらの植物以外にも地域によってはシラカンバやイネ科の植物、ヨモギなどの花粉が数多く飛んでいることがあります。季節性アレルギーと呼ばれている、これらの症状を緩和させるのが花粉症の薬です。植物の雄しべが出す粉のようなものやハウスダストなどによってひき起され、鼻水やくしゃみ・鼻詰まりなどのアレルギー症状を緩和させたい場合には薬をのむことで効果が期待できます。とはいえ薬には副作用がある点はあらかじめ知っておきたいところです。

安全に使用するためにも用法や用量を守って服用することが大切となります。花粉症の治療に使われる第二世代の抗ヒスタミン薬は、それ以前のものと比べるとそれほど影響が大きくないと言われています。またあまり眠くなりにくいと言われている薬ではありますが、人によって眠気が感じられたり集中力が低下してしまったりすることもあるため、集中力が必要となる状況の時にはさらに注意する必要です。もし薬を飲んでから、このような症状が出るようであればお医者さんや薬剤師、登録販売者に相談すると良いでしょう。

花粉のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です