Skip to content

花粉症の治療と予防で実施されている医学的処置

毎年2月の終わりから4月下旬になると、多くの天気予報で花粉情報が発信されます。厚生労働省の調査によると、国内では約6000万人以上もの方が花粉症を患っていることが明らかとなりました。日本の国土は約80パーセントが山林となっており、スギ・ヒノキが大半を占めている地域です。この2つの樹木は先述した時期になると、大量の花粉を分泌します。

その影響でアレルギー症状を発症なさる方が多いというわけです。以前は季節的な発作と考えられており、特別な対処をなさる方は少ない傾向でした。ところが医学が進歩した今では、花粉症に対応した処置を多くの医療施設でなされています。その一例をここで見ていくと、予防としては事前に体内にアレルゲンを取り込むという免疫療法があげられます。

1990年代後半に確立されたもので、あえて身体のなかで抗体を作ることでアレルギー発作を抑え込むというものです。治療の場合は、鼻腔内の粘膜をレーザーで焼くという方法になります。花粉症は鼻から吸い込むことで発症をするため、その箇所を焼くことで症状がおさえられるわけです。また投薬治療も多く、今ではドラッグストアでも個人で手に入れることができます。

約2か月間程度のシーズン中、非常につらい経験をされる方が多いものです。そのつらさを少しでも緩和をするには、適切な対処をおこなう必要があります。なるべく早い時期に医療施設を訪れて、ご自身の希望に合った処置をすることです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です