Skip to content

ドライアイの症状と対策

ドライアイとは、目を守るための涙の分泌量が減ったり、質のバランスが崩れることで均等に目に行き渡らなくなる病気のことを言います。涙には乾燥を防止したり、目の洗浄や殺菌、栄養補給に目が鮮明な像を結べるように黒目の表面を滑らかに保つ働きがあります。涙が不足してしまうと目の表面が傷ついてしまうことがあります。ほかにも、目が疲れやすくものが霞んで見える、乾燥して目の不快感を感じるなどの症状を引き起こします。

ドライアイの原因は、パソコンやスマートフォンの長時間の使用、エアコン直下で作業することで目が乾いてしまう、コンタクトレンズの使用などが原因です。ドライアイを改善するためには、日常的な習慣に気をつけることが必要です。パソコンやスマートフォンで作業する場合には、目を大きく開かずに済むように目線よりも画面を下に置くようにします。長い時間作業する場合には、一時間作業をしたら10~15分は目を休ませる、意識的に瞬きをするようにします。

エアコン直下で作業することは避けて、直接風の当たらない場所で作業を行います。エアコンを使っていると空気が乾燥しやすいため加湿を心がけるのも重要です。コンタクトレンズをしている人は、正しい使用をすることも大切です。目の渇きが気になる時には目薬を使用する、保湿用メガネを使用するなどの工夫を行います。

自分でできる対策も多いですが、ひどい場合には眼科を受診して専門的な治療を行うことが効果的です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です