Skip to content

自宅で行えるドライアイ対策

現代人に起こりやすい目のトラブルとして挙げられる「ドライアイ」は、パソコンやスマートフォンの長時間利用する人が増えたことにより、急激に症状が出る人が増えてきているといわれています。ドライアイとは乾燥性角結膜炎と呼ばれる症状であり、様々な要因によって涙の分泌量の減少や涙の質の低下を引きこすことで、目の機能性の異常や不快感が生じてしまい、症状が悪化すると目の表面に傷がついて強い痛みを感じる可能性もあります。そのため最近なんだか目が疲れやすいと感じたり、目が乾いてゴロゴロとする、目の充血が目立つなどの症状があるとドライアイの可能性が高くなりますし、コンタクトレンズを普段使用しているという場合は、装着時に強い痛みを感じる症状が特徴です。では実際に自宅で行える対策として行うべきなのが、日常的にパソコンやスマートフォンを長時間使用しているという方は、1時間に15分は目を休ませる習慣をつけましょう。

目の疲れが気になるようなら、40℃ほどの蒸しタオルを用意しまぶたに10分ほど乗せると、目元の血流が改善して疲れが改善します。またドライアイの原因の一つにまばたきの数が少なくなることが挙げられるため、普段からパソコンやスマートフォンに集中しがちな人は意識的にまばたきを行うようにしましょう。意識的にまぶたを閉じるようにすれば、約2週間ほどで正しいまばたきが行なえますし、目をぎゅっと閉じてパッと開けばマイボーム腺から油分が出て涙の蒸発が抑えられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です