Skip to content

ドライアイはどんな状況の時になりやすいか

近年スマートフォンやタブレットなどが普及し、夜遅くまでモバイルを使うことが増えています。これに伴い目を酷使する時間も増えており、目の不調を訴える人が多くなっているのが現状です。近視になる人が増えているほか、ドライアイに悩まされる人も多く、ドライアイかもしれないと感じたら早期に治療を開始しなくてはなりません。ドライアイは涙の量が不足する、涙の質に変化が生じバランスが崩れるなどの理由から、目に涙が均等にいきわたらず、目の表面に傷を負ってしまう状態を指します。

ドライアイに悩まされる人は2000万人を超えており、大変身近な病です。スマートフォンが大きな理由ですが、コンタクトレンズを使用している、エアコンの風にあたる機会が多い、高齢化により目が老化しているなどのことも影響しており、年齢に関係なく起きてしまう特徴があります。ドライアイになると目が乾くだけでなく疲れやすい、目やにがでる、理由もなく涙がでる、物がかすんで見えるなどの症状が現れます。視力は良いはずなのに物がかすんで見えている場合、涙が不安定になっていることから起きており、全体がぼんやりと見えるようになります。

目の疲れは涙の量が足りなくなる、涙の質が悪いことから起きており、目の表面が傷ついている状態です。頭重や肩こりを伴うことも多く、目を休めたとしてもなかなか改善しません。光がまぶしい、目に不快感を覚えるなどの場合も涙が影響している可能性があるので眼科を受診し、適宜治療を開始することが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です