Skip to content

ドライアイの症状を改善するなら

目の表面は涙で潤っていますが、この涙の量が減少したり質が低下したりするとドライアイの症状を引き起こします。涙は目を守るバリアのような役割を果たしていますが、それが不足することで目の表面は乾きやすくなり、細かな傷ができてしまうこともあります。目が乾いた感じがする、不快感があるなどの症状を訴える人もいれば、目が疲れやすいと感じている人もいます。放置していると、さらに悪化することも考えられますのでまだ症状が軽いうちに改善を目指しておきたいところです。

ドライアイの症状を改善するには、まずは症状を引き起こす原因を知ることが大切です。コンタクトレンズは目立たずに視力矯正ができることもあり、多くの人が利用しています。コンタクトレンズは便利な存在ですが、使っていない人に比べて装用している人は目が乾きやすい傾向があります。長時間パソコン作業をしている人や、ゲームが好きな人は画面を凝視しがちです。

画面を見ている時間が長いと瞬きの回数も少なくなり、涙の量を減らすことにつながります。エアコンの効いたオフィスなどで長時間過ごしている人も、目が乾きやすい傾向があります。ドライアイを防ぐには、できるだけ原因を取り除くことが大切です。涙を出すには意識してまばたきをすることも大事です。

ドライアイ対応の目薬なども改善に役立ちますが、あまりに頻繁に使うことは逆効果になる場合もあるので気をつけたいところです。あまりに症状がつらい場合は、眼科に相談することも考えてみましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です