Skip to content

メガネフレームの価格の違い

メガネフレームは、顔の印象にも大きく関わってくる重要な部分です。しかし、店によってメガネフレームだけでも価格が大きく違っていて、どれを選んだら良いのか迷ってしまうというケースはよくあります。迷った場合には、どの部分が価格に影響しているのかを知っておくと決める指針の一つになります。メガネフレームの大きな違いの一つは、素材が挙げられます。

素材の原価が安いものであれば安く、高い素材であれば高くなります。フレームは大きく分けるとセルとメタルに分けられます。セルは、プラスチック素材で作られています。素材が安価ですのでメガネとしても安いものが多く種類は様々でウルテムやポリアミドなどの樹脂が使われているものもあって、プラスチックが原料ですのでアレルギーの心配も少なくデザインが豊富です。

ただし、劣化が早く安すぎると2~3年程度で壊れたり、フレームが太い頑丈なものは重く使っていると疲れてしまいます。メタルは文字通り金属が使われます。チタンやステンレス、アルミなど色々な素材があって、柔軟性や耐久性もあって顔にフィットとしやすく耐久性があることでフレームを細くすることが可能で、軽いため長時間使用するという人にも向いています。見た目がシンプルなものが多くデザインが少ない、比較的高価であるというデメリットもあります。

その他にも、メガネの作りによっても価格は違ってくるためそれらもチェックした上で購入することが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です