Skip to content

液晶画面を見る事が多い方はブルーライト対応メガネを

視力が良い方には、メガネは自分には縁遠いものと思っていらっしゃる方も多いかもしれません。でも、目を紫外線から守るためのサングラスなど、視力の良し悪しに関係なく、日常生活のなかでメガネのお世話になるシーンはけっこうたくさんあるものです。目に悪いと言われているのは紫外線だけではありません。ブルーライトも、浴び続けると眼精疲労や視力低下などを引き起こす光だと言われています。

また、寝る前に浴びるとよく眠れなくなるなどの症状が起きる事もあります。ブルーライトは、太陽光からも発生しますし、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのLEDをバックライトにしている電子機器の画面からも発生しています。今、世界中でパソコンやスマートフォンの所持率がかなりのスピードで上がっています。今まで目の健康に自信があると思っていた方でも、日々液晶画面の付いたデジタル機器を使うことで、知らないうちに眼精疲労や視力低下などが起こるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、ブルーライトを発生する液晶画面を見る時に、度の入っていないブルーライトをカットしてくれるメガネをかける事です。このメガネをかける事で、目がブルーライトを浴びる量がぐんと減り、目の負担も軽くなります。度の入っていないブルーライトカット機能が付いたメガネなら、眼鏡店だけでなく、バラエティ雑貨を扱うお店などでも扱っている所があったりと、気軽に購入する事が出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です